状態を確認する

トイレ最初に自分でトイレのつまりに関して状態を確認していくようにしなければ、原因の特定を具体的に行うことができません。確認しなければならない理由は色々とありますが、一軒家とマンションでは大きく構造も異なるので注意しなければなりません。排水管などの状態が異なるので、トイレの状態を細かく確認していくようにしましょう。そこから判断することができるケースもあるので、自分で把握をしていくようにしましょう。

最初に一軒家ならば排水マスを確認していき、状態を確認していきます。屋外のトイレの近くにあるので、ふたを開けた後で排水管が問題を起こしていないか確認していきましょう。何も流していないがトイレのつまりがひどかったり、水を流して異音が生じる時は危険です。

排水マスの問題がないと確認した後で、次にゆっくりと水を流す時にはトイレの水が溢れるか確認します。一気に流してしまうと溢れてしまう危険性もあるので、そっとチョロチョロと流していくようにしましょう。そして便器の半分あたりまで水を溜めていき、本当に安全か確認をしていきましょう。最後に水の引き方をチェックしていき、流れ方が問題ないか確認していきます。水が無くなったら様子を少し見るようにしましょう。

推奨サイト・・・https://mizu-trouble.net/?p=4
トイレのつまりの予防や対策方法を掲載している“水回りのカイケツ君”です。

Pocket

運営者